米国

Allegis Capital    

+


~シリコンバレー VC投資~

ファンド:募集中
ファンド目標: $300M
設立予定: 2022年

  • 米国側パートナーは、シリコンバレーで25年以上に亘る投資実績を有し、設立したファンドは9本。現在運用中のファンドは高い運用リターンを実現
  • 人的関係や長年の実績が重視されるシリコンバレーにて、「インナーサークル」へのアクセスを持ち、シリコンバレー内での評価も高い
  • 直近設立ファンドには、日本の大手生命保険会社、米国の大手運用会社が出資済
  • 本ファンドでは、今後の成長が期待される米国の脱CO2を中心とするクリーンテック分野への投資が主要投資戦略の一つ


オーストラリア

InterValley Ventures

+


~オーストラリア VC投資~

ファンド:募集中
ファンド目標: $100M
設立: 2019年

  • これまで豪州VC業界を牽引してきた当業界第一人者のDoron Meir氏がIC委員長に就任し、今後の成長が期待できる優良案件をソーシング。Doron氏は、豪州政府系アクセレレータの初代CEOとして、500社以上のスタートアップ育成に貢献し、豪州のVCエコシステムをゼロから構築
  • 豪州はWifi発明の国でもあり、現在、世界中から世界で通用する技術を有する研究者・事業家が起業
  • 日本の事業年金が既に出資済


インド

TATA Capital

+


~インド グロース投資~

2号ファンド(募集中)
ファンド目標: $350M
設立: 2018年

  • インド側パートナーTataグループは、インド3大財閥の一つ。1868年創業以来、150年以上の歴史を誇るインドNo.1ブランド
  • 2010年設立の1号ファンドのリターンはインド・ルピーベースで年率30%(投資倍率3倍)以上。調査会社preqinにて、2011 vintageのインド向けPEファンドの”Top Quartile”にランクイン
  • 2号ファンドは、同じチーム、同じ投資戦略で運営し、インドの経済成長を捕捉
  • 2号ファンドには、NTTドコモ、アジア開発銀行等が既に出資済


アフリカ

AAIC

+


~アフリカVC投資~

2号ファンド(募集中)
ファンド目標: $200M
設立予定: 2022年

  • アフリカ側パートナーは、ケニア/ナイロビにオフィスをもつAAIC。2014年に日本初のアフリカ専用ファンドを設立し、アフリカビジネスに50 年以上従事している日本人がアドバイザーに就任
  • 2017年設立の1号ファンドは、日本の事業会社15社から出資を得て、27社に投資実行済、高い運用リターンが期待。現在、2号ファンド設立中
  • 2号ファンドの投資テーマは、アフリカにおける最大の課題かつ成長分野であるヘルスケア関連領域+DX化関連領域(ファイナンス、モビリティ、EdTech等)。日本企業の技術・ノウハウを積極的に活用し、社会問題の解決と持続的事業を実現


中国

China Merchants Group(招商局集団)

+


~中国 グロース投資~

2号ファンド(募集中)
ファンド目標: $300M
設立予定: 2022年

  • 中国側パートナーChina Merchants Group (招商局集団)は、中国最大の国営企業。清朝の李鴻章が130年前に創業し、主要国営企業における総資産、純利益は中国No.1
  • 2015年設立の1号ファンドは、日本の大手金融機関を含む出資を得て、7社に投資実行済。現在、2号ファンド設立中
  • 中国政府は、招商局集団の本拠地である香港・マカオ・中国の広東省の3地域からなる「粤港澳大湾区」(グレーターベイエリア)の発展計画を企図しており、本ファンドは当該地域の大規模な成長に投資を行うことも主要投資戦略の一つ


中国

Cybernaut

+


~中国 VC投資~

ファンド:募集中
ファンド目標: $300M
設立: 2018年

  • 中国側パートナーCybernautは、運用資産3兆円の大手GP。中国内で100以上のファンドを運営し、Cybernautが主に運営に関与する20のファンドの運用リターンは年率30%以上
  • Cybernaut創業者会長は米国WebEx社創業者であり、中国ベンチャー業界の第一人者。現CEOは、コンピューターサイエンスの博士号を持ち、IBMの中国ラボ責任者等を歴任
  • Cybernautは中国版スタンフォード大学のような浙江大学と提携し、6階建ての共同イノベーションセンターを運営。中国のユニコーンの4割は浙江大学卒業生による創業で、Cybernaut CEOと浙江学の学長は同級生


欧州

AVG

+


~欧州クリーンテックVC投資~

ファンド:募集中
ファンド目標: $200M
設立: 2022年

  • 欧州側パートナーのAVGは、ノルウェーのクリーンテック分野に投資をするGP。AVGは国連責任投資(UN PRI)に調印し、SDGsへの投資に特化
  • 現在、日本の事業年金も出資しているクリーンテックファンドを運営し、北欧のクリーンテック企業と再生エネルギーに投資
  • ノルウェーはクリーンテック先進国であり、自国の電力はほぼ水力発電でまかない、首都オスロでは政府が気候予算を導入。環境先進国である欧州の共同投資・補助金制度を活用し、本ファンドでは、政府機関が本ファンド投資先に対し、共同投資を実施または補助金を交付する等、全面的に支援


イスラエル

GiTV

+


~イスラエル テックVC投資~

ファンド:募集中
ファンド目標: $100M
設立予定: 2022年

  • イスラエル側パートナーGiTVは、イスラエルと日本に拠点を有し、イスラエルVC業界で広範なネットワークを展開。現地パートナーYonatan Beck氏は、以前は弁護士として、スタートアップのM&AやIPOを手掛けたことから、VCエコシステムへのアクセスが可能
  • 現在、デジタルテクノロジー(IoT、AI、ロボット等)に特化したVCを運営中。イスラエル工科大学(テクニオン)とも連携
  • イスラエルでは独創的な技術を持つスタートアップ企業が多い反面、研究開発に特化しており、量産設備や世界規模の販売網を持っていないことが多く、日本企業の技術・ノウハウを積極的に活用し、グローバル化、量産化を支援


中東

Blue Apple Partners

+


~中東ヘルスケア グロース・VC投資~

ファンド:募集中
ファンド目標: $300M
設立予定: 2022年

  • 中東側パートナーBlue Appleは、アブダビの医療・ヘルスケア分野の投資・運営会社。創業者はアブダビ保健局の元CEOでアブダビ内の医療・ヘルスケア産業に精通
  • 現在、Saudi Aramco及びInvestcorpを含む大手投資家が出資するAUM $250M以上の病院ファンドを運営中。リハビリや小児・産婦人科を中心とした最新設備のアブダビの病院Reem Hospitalを建設・運営
  • ファンド目標額のうち、半分はBlue Apple Partnersの既存投資家からの出資を予定

TOP