ニュー・フロンティア・キャピタル・マネジメント香港は、インド工科大学ハイデラバード校と業務提携を締結致しました。インド工科大学は、インドの理工学系大学の最高峰であり、中でもハイデラバード校はイノベーションに注力している大学です。

ハイデラバード校は、特にDeep Tech、5G、IoTの3分野に強みがあり、テック系インキュベータである“i-TIC Foundation”をはじめ、インドの電子情報技術省から支援を受けているインキュベータ等を運営し、ベンチャー企業のイノベーション創出に注力しています。また、ハイデラバード校では、学部教育でも起業やイノベーションに力を入れており、その結果、在学中に起業をしたり、卒業後にスタートアップに勤務する学生も徐々に増えています。

昨今、インド発のイノベーションが活発化しています。インドのベンチャーである日本の不動産業界に参入したOYO社や、モバイル決済アプリPayPayに技術提供したPayt社は、いずれもユニコーン企業に成長しています。

弊社とインド工科大学ハイデラバード校との間の業務提携契約には、同大学内にニュー・フロンティア・キャピタル・マネジメント香港としてオフィスを保有し、今後、日本とインド間の情報共有の推進を図ることを協議してくことも含まれています。弊社は、本業務提携の締結により、国内外の研究機関をつないだグローバルエコシステムの構築に引き続き努めて参ります。

インド工科大学ハイデラバード校