ニュー・フロンティア・キャピタル・マネジメント香港及びロシア側パートナーであるDa Vinci Capitalは、ロシアモスクワで開催中のSkolkovo Open Innovations Forum 2019にて、共同で運用するファンド“Japan Russia New Frontier Fund” の設立を発表し、タームシートに関わる調印セレモニーを実施致しました。Da Vinci Capital側調印者はOleg Konev Managing Partner、ニュー フロンティア キャピタル マネジメント香港側調印者は臼杵CEO。
本ファンドは、ロシアにおけるアーリーからレイターステージのテック系を中心とした企業に投資を行うVC/Growthファンドです。
投資テーマとしては、ロシアの成長セクターである、IT、コンシューマーサービス、ヘルスケア、ヘルス・アグリテック、フードテック等に投資を行います。
ロシアのテクノロジーに投資する本ファンドにより、ロシア発のイノベーションの創出に寄与するだけでなく、ロシア発のイノベーションを取り込むことで日本企業のさらなる発展に寄与できるものと考えております。

【Da Vinci Capital概要】
・2007年に設立されたロシアの大手独立系GP。現在、4本のファンドを運営。運営ファンドのLPは、欧州復興開発銀行、Adams Street、HarbourVest等の著名な機関投資家を含む。
・ロシア、CEE諸国、新興市場におけるPE投資に注力。2017年にはBest PE Team、2016年にはBest Russian&CEE PE Fundを受賞。

MOUに調印する臼杵CEO(右)とDa Vinci CapitalのOleg Konev Managing Partner

MOU締結記念写真撮影をする臼杵CEO(右)とDa Vinci CapitalのOleg Konev Managing Partner